Cercidiphyllum japonicum~サーシディフィーラム 

katsurano.exblog.jp

メディアでは伝わらない被災地からのメッセージ

ブログ開設間もなくからお世話になっているシャッポさんのブログより
メディアでは取り上げられない現実
少しでも多くの方の目に留まりますように!
以下コピー文となります


福島県 会津より
*****

こんにちは。
今回の地震では、内陸部の会津に住む私は難を逃れました。


福島県は浜通り・中通り・会津の3地域に分かれていますが、今回目立った被害がなくライフラインが保てているのは会津だけ。今週から被災者の方たちが会津へも避難して来ています。私の地元、会津坂下町でも900人を受け入れる予定とのことです。同じ福島県民として、私たちもできるだけのことをしようと動きが始まっています。

しかし物流がストップしてしまい、被災していない会津もスーパーやコンビニはどこも売り切れ続出、私の職場の老人福祉施設でも、食材・衛生材料・日用品など、発注をかけても納品できる見込みはないと言われてしまいます。直接メーカーに問い合わせても、福島県への配送を再開できる見通しはないとのこと。


中には宮城・岩手には人員を派遣するが福島県にはしないという団体や協会もあり、これは恐らく原発の影響でしょう…。
備蓄は若干あるものの、今あるものが底をついたら次の納品はない。これは職場だけでなく一般家庭も同じことです。


施設にも被災要介護者の受け入れの打診が来始めており、多いに協力したい気持ちはあるけれど、自施設の入所者のためのものにも苦慮する今、被災者の方にどれだけのことをしてあげられのか…不安があります。被災した人のことを思えば不安なんて言ってられませんが…


車のガソリンも今入っている分がなくなれば出勤できなくなる人が出てくるし人や物の輸送もできません。この先、原発がもっと悪い状況になったとしても避難もできません。


福島県は陸の孤島になってしまうのか…という空気になり始めています。
前置きが長くなってしまいましたが、皆さんがツイッターやミクシィなどのコミュニティーやブログなど、多数の人の目に触れるものに関わっておられたら、この現状を発信していただきたくお願いします。


職場から県にも、物流再開に向け、県から国へ強く訴えかけてほしいと伝えていますが、県らは、何度も国へは伝えていますとの返事ですがなかなか動きがないように思えます。



と言っている間にもまた地震です。本当に日本のどこで地震が起きるかわからないみたいです。皆さんも十分気をつけてください!



美しいふるさとの惨状も、温かい県民性を持ったたくさんの人の命が失われたことも悲しくて悲しくて仕方ないけど、こうして命も家も職場もあるありがたさを心に刻み、生きている者はがんばらねば!と思います。関東地方も停電や品薄状態で大変だと聞きます…皆さんもくれぐれも気をつけて!ありがとうございましたm(_ _)m

***
by katsura-n | 2011-03-17 08:29 | こころ